地中海文明を築いた古代カルタゴがチュニジアの前身・・・異文化の交差するチュニジア旅行を支援します


アルファベットの起源

フェニキア文字が原型です

フェニキア文字はチュニジアの前身である古代カルタゴの文字です

1.  フェニキア文字の誕生

●フェニキア人とは現在のレバノンやシリア付近の海洋民族で、地中海交易を活発に行って地中海文明を築いてきました。

※ カルタゴはレバノンの海岸沿いに有った5つの都市国家チュロスの王女エリッサが紀元前814年に現在のチュニジアに建国しました。

●フェニキア人は地中海交易を活発に行っていたため各地域で異なる色々な文字に出会いました。

象形文字や楔形等の文字は大変難しく不便でしたので、交易で結ばれていたエジプトの象形文字を崩した草書体の影響や各地の文字等からヒントを受け、

原カナン文字を簡単にして線で描ける文字をフェニキア人が発明したのがフェニキア文字の始まりと言われています。

●紀元前18世紀~紀元前9世紀に使われたフェニキア文字(慣習的に紀元前11世紀半ば以前を原カナン文字、

前11世紀半ば以降をフェニキア文字に分類)
がアルファベットの起源となりました。

●アルファベットは紀元前1100年頃にフェニキア人が発明した文字がアルファベットの元と言われています。

    ※ 紀元前1100年頃は、フェニキア人がユティカ(チュニジア北部の町)のメジェルダ川河口で交易を始めた頃です。


2.フェニキア文字の特徴

●フェニキア文字は子音だけの22文字から成り立ち、文字は右から左に書かれました。

●カルタゴをはじめ地中海地域の民族によって一般に使われる文字となりました。

●牛の頭をAlephと言う名前を付け最初の文字とし、家をBethと言う名前を付けて2番目の文字とし、アルファベットと呼ばれるようになりました。

●同時に石に彫刻していた文字もパピルス紙が発明されてからはインクで書くようになり、線文字の発明は画期的なものとなりました。


2.  フェニキア文字の派生

●フェニキア文字は紀元前9世紀(前880年頃)にギリシャに導入され使われました。

●ギリシャでは1行目を右から左に書き、2行目を左から右に書き、3行目を右から左に書いて折り返す牛耕方式で文字を繋げました。

その後、左から右に書く方式に統一され世界的表記に定着しました。

●ギリシャでは当初フェニキア文字をそのまま使っていましたが、後に数個を母音とし、更に2文字が追加され、

ギリシャの植民地であったイタリア半島のエウボイア人に伝わり、エトルリア・アルファベットが完成し、ラテン文字に発展しました。

●ラテン文字はローマ帝国の公用語となり、今日のアルファベットへと変遷していきました(文字をローマ字とも言う)。

●ローマ帝国滅亡後は、キリスト教の布教と共にヨーロッパをはじめ全世界に広がり、今日のアルファベットに定着しました。

●日本語の學が学、縣が県に変遷しているように、フェニキア文字も前期と後期(主にカルタゴ=ローマ人はポエニと呼んだ)では文字が変遷し、

文章には地域での方言も取り入れられて来ました。


●フェニキア文字は漢字圏を除く中東からアジア・ヨーロッパにかけて地域の大部分で使われる文字の原型となりました

●中世になるとアルファベット(ローマ字)も大文字の他に小文字も発明されて今日の文字になっています。


フェニキア文字の石碑

  カルタゴ博物館所蔵の後期フェニキア文字の石碑です

大きさは長辺が20cm弱程の大きさで、カルタゴの都市計画が書かれています

 




Home    Top  ワインの起源と品質   オリーブオイルの起源と効能  チュニジア歴史の概略